第一種電気工事士定期講習

第一種電気工事士定期講習の延期について(2020年05月01日時点)
(新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言に関する対応)

4月7日に政府から、新型コロナウイルスの感染拡大に備える特別措置法に基づく緊急事態宣言が出され、
経済産業省電力安全課の指導に従い、5月6日まで開催予定の全ての定期講習を延期することとしましたが、
5月1日付の経済産業省電力安全課の指導により、 引き続き、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、講習の実施について当面5月末までの延期といたします。
その後の定期講習の実施につきましては、改めてお知らせいたします。また、既に申込者の皆様方には代替会場が決定次第、個別に連絡させていただきます。
既に納めていただいた受講料で再受講できます

なお、経済産業省電力安全課から、定期講習が延期されたことにより、電気工事士の方が免状の交付を受けた日又は前回の講習を受けた日から5年以内に講習を受講できない場合でも、電気工事士法施行規則第9条の8第6号に該当するため、都道府県知事が直ちに免状の返納を求めることはないとの通知を受けています。

ご参考 内閣官房ホームページ「新型コロナウイルス感染症の対応について」
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html